バイアグラでED簡単改善

EDの症状として大きなものは中折れです。バイアグラを使用することにより、ED自体をすぐにでも改善することが可能となっています。

EDの症状

ed

EDは誰にでも起こりうる症状でもあります。特に中高年になると、血管が固くなることから、血行不良になりやすくなるので、よりEDが起きやすくなると言えます。勃起は、男性器に血液が十分に満たされることによって起こっていることは誰でも知っているでしょう。性的興奮を得ると、海綿体と呼ばれる細かい血管が大量に張り巡らされた部分に大量の血液が流れ込みます。

多くの血管がこの海綿体を満たすと、血流の圧力で海綿体が膨れ上がって勃起が起き、性的興奮を得ている間は勃起を維持することが出来るのです。こうした機能からも分かるように、血行不良という症状は十分にEDを起こす要因になります。

    目次

  1. EDの症状の特徴
  2. EDの症状の種類
  3. EDになりやすい方
  4. EDの原因とは?
  5. ・器質性ED
  6. ・機能性ED
  7. ・混合性ED
  8. ・薬剤性ED
  9. EDの兆候・ED予備軍
  10. アルコールとEDの関係
  11. EDとカフェインの関係
  12. EDの症状を改善する方法
  13. 症状に合わせたED治療薬の選び方
  14. 食事療法・食生活を見直す
  15. 運動不足を解消
  16. 規則正しい生活で生活習慣病を改善

EDの症状の特徴

血行不良が元で起きやすくなるのは、中折れと言われる、途中で勃起力が失われる状態です。最初はしっかり勃起もしていたので、膣に挿入することが出来ていても、行為中に何らかの原因が生じて海綿体に十分な血流を流せなくなることで起こります。この中折れに関しては、精神的なダメージも受けやすく、同じことを繰り返すのではという不安も次の性交から付きまといかねない為、更なるEDを起こしかねません。

※中折れと似た症状で半立ち(半勃ち)というEDの症状もあります。

この時点で疲れが溜まっていたからなどと放置しておくと、先の精神面からのダメージで機能性のEDに発展しかねず、性交自体を避けるようになり、最終的に勃起すら起こらなくなってしまうケースもあり得ます。また、血行不良の原因が血管系の病気や神経伝達面での疾病が原因で起こっていた場合は、EDが悪化するだけでなく、大きな健康被害を齎す場合もあり得るのです。

EDの症状の種類

先ほども上がったように代表的なEDの症状に中折れ、半立ちがあります。

中折れ

中程度のEDの症状です。年配の人に特に多い症状と言えます。しかし、中折れに関しては若い人でも最近見られがちな症状です。性的興奮があり勃起をしている状態なのに、硬い勃起の上体を維持出来ずに、射精前にしぼんでしまう事を主にいいます。程度によりますが、挿入前にしぼんだりする人もいます。

半立ち(半勃ち)

半立ちとは半勃ちとも表記されます。本人にしてみれば、完全に勃起しているのにも関わらず通常の勃起時の硬さがなく、適度な柔らかさを保った状態、勃起の硬さが十分ではない、足りていない状態のことをいいます。こちらも中折れ同様にEDの症状に良くみられる症状です。半立ちも年配の人が掛かりやすいのですが、ここ最近では若い人も半立ちの症状を訴える人も多くなってきているようです。

こうした中折れ、半立ちなどの症状を感知した際に放置せず、セルフチェックや医療機関で診察するなど対処していれば、本格的なEDに発展することもなく、大きな病気を起こしている予兆も気が付くことが出来ます。セルフチェックについては、ネットを検索するとバイアグラを販売している製薬会社のサイトなどでIIEFという医療機関も問診として使用しているチェック項目から確認することもできます。

ed

また、これでEDが判明したとしても、いまではバイアグラという治癒に導く為の大きな味方がいます。世界中の多くのEDで悩める方がこのバイアグラを使用したことで改善されてきました。しかも使ったその日のうちに効果を実感するなど、今まで悩んできたことが嘘のように感じる方も少なくありません。バイアグラの効果というのは、深く悩んでいた方だからこそ感じやすいでしょう。こうした恩恵を受けて、いち早くその悩みを解決に導いてほしいと思います。

要点のまとめ
  • ・EDの原因、症状は血液、血流が大きく関係しています。
  • 中折れ、半立ち(半勃ち)はED特有の症状です。
  • ・中折れの症状は特に年配の人に多い症状です。
  • ・最近では若い人でもEDの症状を訴える人も多くいます。
  • edになりやすい方

    edは年齢関係なくなってしまう病気です。早い方なら20代で遅い方なら80歳過ぎからなってしまうこともあります。一般的にedになりやすい年齢としましては40代後半~50代前半にかけてと言われています。この年代の方は仕事上での責任、プレッシャーによってストレスを溜め込んでしまったり、男性更年期障害という病気によって男性機能に支障が出てしまうという理由でedになってしまうケースが多発してしまっています。次に多いのが30代の方です。上記と同じようにストレスや、プレッシャーといった精神的な部分からedになってしまう事が多く見られます。そして、20代に多いのが緊張し続けて上手くいかないという理由でなってしまうedです。

    上記に共通していえるのが全て精神的な部分からedが起きてしまっている点です。そこから考えるとストレスを感じやすい、溜め込んだりしてしまう、またストレス解消が上手くできないという方はedになるリスクが高いと言えるでしょう。

    EDの原因とは?

    ed

    かつてEDという言葉が出回る前は、インポテンツという言葉が使われていました。インポテンツにもEDと同じように勃起不全の意味合いも込められていますが、今では侮蔑用語として使われることも多い上、性器が小さい人に対しても使うこともあるようなので、あまり好ましい言葉ではありません。

    EDは、Erectile Dysfunctionの略で、勃起性の機能不全を意味します。勃起力が不十分だったり、勃起をしてもそれを維持することが出来ない為に満足な性交を得れない、また通常性交の行おうとして75%で性交できないほど勃起力が低下している状態を指します。また、障害を起こしている要因によって以下のように幾つか分類されています。

    器質性ED

    勃起に関わる神経や、組織、血管系などに異常が起こっているせいで勃起がうまく起こらないとされている場合を指します。体の不調が起こりやすい中高年に置きやすく、例えば血液がドロドロで血管が狭くなっているなど物理的に何かしらの障害が生じている為に、正常に勃起も機能しなくなっている状態です。

    その為、勃起以外にも何かしら疾病が起きている可能性があり、それらも併せて解決していった方が大きな健康被害を齎さないとされています。先の例のように、血管にこうした障害が出ていれば、高血圧や高脂血症などが考えられ、先々脳梗塞や脳溢血などが起こる可能性も考えられるからです。

    機能性ED
    ed

    器質性と異なり、精神面が要因で勃起を阻害している場合を指します。中高年以外にも、若年層にこの傾向が多いと言われています。特にストレス社会と言われる現代は、社会人になりたての人や、仕事に慣れてきてより責任ある立場に身を置かされたことによって起こりやすいと言われています。精神的負荷が体に起こす不調は、今では多くの人が知りえることかと思いますが、メンタル面の不調は神経伝達に大きな影響を与えます。神経伝達の悪さは、性的興奮を得て、勃起を起こすといった部分にも大きく影響が出ることから、こうしたEDを招いてしまうのです。

    機能性の場合、さらにふたつにわけられます。ひとつは現実心因と言い、現実に起こっている事が原因となっているケースです。自覚がある場合が殆どで、悩みの原因が解決すればEDはほぼ改善されます。それに対し、深層心因と呼ばれるものは、本人に自覚がない場合が殆どです。幼少期のトラウマ、特殊な性癖、近親相姦、同性愛、性に対する嫌悪感や恐怖、抑圧された怒りや憎悪などです。深層心因の場合、本人に自覚がない事が多いため原因の解明に時間がかかり、治療にも専門的な心理療法が必要になる場合があります。

    混合性ED

    器質性と機能性が合わさった要因で勃起障害が起こったいる場合を指します。最近比較的多くの方がこの症状を発症しており、治療にも多くの時間がかかります。精神面でのケアと物理的な障害を回避する為に、バイアグラやシアリスなどの治療薬以外にカウンセリングを用いて改善に導くといった手法が取られています。

    薬剤性ED
    ed

    普段服用している薬が原因で起こってしまう場合を指します。例えば、若年層に多いメンタル面のケアとして抗うつ剤や向精神薬などは、神経を鎮静化させる機能が高いことから、EDの傾向が出てしまいます。その他、中高年から今では若年層まで幅広く問題となっている薄毛問題を解決するために使われている育毛剤などは、男性ホルモンを抑える成分が含まれている為、この薬を利用している場合は勃起力も低下すると言われています。

    要点のまとめ
  • ストレスを溜め込みやすい人はEDをなりやすい。
  • ・EDの主な原因は器質性、機能性、混合性、薬剤性EDの4つに分けられます。
  • ・器質性EDとは血流の流れなど、身体的な要因により勃起できないEDです。
  • ・機能性EDとは精神的な事が要因で発症してしまうEDです。
  • ・混合性EDとは身体的な面と精神的な面が混合され起こるEDです。
  • ・薬剤性EDとは服用している薬により起こるEDです。うつ病の薬、育毛剤などがそれに当たります
  • EDの兆候・ED予備軍

    ed

    EDという病気は実際に、どこからがEDかという線引きがはっきりとしていません。EDの定義として「満足いく性交を行えない状態」のことを言いますが、3回に1回の割合で満足いく性交ができなかった、途中で中折れをしてしまった、勃起の硬さに満足できなかったという人が、若い年代から年配の方まで多くおられるようです。

    時々、勃起の硬さに不満がある、中折れをしてしまった等が頻繁に起こるようになると、それはEDの兆候・前触れと言えます。一般的にED予備軍と呼ばれています。

    ED予備軍のサイン

    EDは急に発症したりはしません。勃起の硬さが不十分な時がある等といった前触れがあり、EDを発症してしまいます。これには個人差はありますがEDの兆候が見られてから、半年後だったり、1年後、または1~2週間で発症してしまう人もいます。もし、そういった性交に満足できない時があった場合はEDを疑ったみた方が賢明です。

    EDの兆候はなぜ起きるのでしょうか?日頃の不摂生な生活から、血液の巡りが悪くなり、EDを悪化させてしまう、EDの兆候が出るという場合もあります。生活習慣を改めることも大切です。

    またED予備軍を予防するためにED治療薬を飲んでおくと早急にEDを治療をすることができるのですが、そのまま放置したままにしておくとEDは悪化していき、手が付けられない状態になってしまいます。そのようにならないためにも、このようなEDの兆候・前触れのサインを見逃してはいけないのです。

    なるべくこれらのED予備軍のサインを抑えておくようにしましょう。

    ・時々、中折れをする
    ・充分な勃起ができない時がある
    ・勃起の持続時間が短くなったような気がする
    ・朝立ちの回数が少なくなった

    医者によりけりですが、このようなEDの前触れのサインが出た場合でもEDの初期症状としてEDと診断する医者もいます。ですので、これらのEDのサインは見逃さないように適切に処置をするようにしましょう。自分の生活に思い当たる節はないか、考えるようにしましょう。それはED予防の第一歩となります。

    EDの兆候!チェックすべき10項目

    EDの兆候、要因と思われる項目を10項目を紹介していますので、まずご自身でチェックしてみてください。

    EDの兆候!チェックすべき10項目

    ■勃起力が以前よりなくなったと感じている

    ■血糖値が高い

    ■ストレスを感じやすい性格

    ■喫煙者(1日15本以上、喫煙している)

    ■朝立ちの回数が少なくなった

    ■以前と比べて性欲がなくなってきた

    ■普段の食事は外食、インスタント食品などが多い

    ■睡眠薬や精神安定剤を使用している

    この項目で4個以上、該当しているものがあれば、ED予備軍の恐れがありますので、注意するようにしましょう。

    勃起力

    勃起力に関しては、アルコールが入った場合は勃起し辛いなどの傾向がありますが、アルコールが入っていない状態で確かめてみましょう。普段から勃起力のチェックはしておくようにしましょう。

    血糖値が高い

    血糖値が高いと勃起力は低下すると言われています。そして、EDにもなりやすい体質ともいえます。ED以外にも血糖値の高さは健康を害する要因が大きいために、血糖値が高い人は、普段の生活の中で短い時間でもいいので、運動を取り入れる、外食、肉中心の食生活を見直すだけで、血糖値を下げることはできます。血糖値が高いと糖尿病にもなりかねません。普段の生活習慣を見直すようにしましょう。

    ストレスを感じやすい性格

    精神的ストレスでEDを招く恐れもあります。つまり心因性EDです。若年性EDの人の大半は、この心因性EDだと言われています。またストレスの増加は性欲自体も低下させる恐れがあります。ストレスを溜めない生活を心がけましょう。休みの日などはストレス発散などに努めるようにしましょう。

    喫煙者(1日、15本以上の喫煙者)

    1日の喫煙本数が少なければいいというものではありませんが、ED患者の80%以上が喫煙者というデータもあります。タバコEDとも呼ばれています。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させてしまいます。身体性EDの一番の原因は動脈硬化であるので、タバコによるニコチンが動脈硬化を招く恐れがあります。

    しかし、無理にタバコを止めてしまってストレスがかかってしまうのでしたら、本数を減らしていくことを頭の片隅に置いておきましょう。

    朝立ちの回数が少なくなった

    朝立ちとEDの関係性はそこまでは深いものではありませんが、朝立ちの回数が減ってしまったというのは、充分にEDの兆候だと考えていいでしょう。医師にもよりますが、ED専門のクリニックの質問にも朝立ちはしてるか?否かの質問は多いです。

    以前と比べて性欲がなくなってきた

    性欲の強さは男性ホルモンの量に比例します。若いから性欲があるというこことではなく、現代では若い人でも、この性欲減退に悩んでる人が多くみられます。俗に言う草食男子と呼ばれる人々です。そして男性ホルモンはストレスと大きく関係しています。ストレスを受ければ、男性ホルモンは減少していきます。心因性EDの兆候と言えるでしょう。

    普段の食事は外食が多い

    食生活の乱れは大きくEFと関わってきます。インスタント食品、コンビニの弁当のような加工食品ばかり食べている人は注意が必要です。野菜、肉とバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。偏った食生活はEDのみならず、糖尿病などの病気も招いてしまう恐れがあります。

    睡眠薬や精神安定剤を使用している

    こういった薬の効果、または副作用によりED気味になってしまう場合もあります。薬剤性EDと呼ばれるものです。睡眠薬や精神安定剤といった薬は主に神経に作用する薬です。勃起の仕組みは性的刺激を神経を通して行われますが、睡眠薬や精神安定剤などで神経の働きを抑えられている場合は勃起し辛い場合が多くあります。(必ずではありません。)また、性欲減退も招く恐れがあります。

    これらの項目を良くチェックするようにしましょう。EDは身体的にも、また精神的な面でもEDを患ってしまいます。自分に思い当たる節があった場合、自分の生活を見直すようにしましょう。

    edチェック

    EDはどうしても軽視しがちの病気でもあります。そして仕事や家庭のことなどで忙しく、EDの前触れ、サインは見逃してしまう傾向にあるのがほとんどです。EDを発症してしまってからでは遅いのです。ED予備軍のサインに少しでも思い当たる節がありましたら、是非、早めにED治療薬を服用するか、また生活習慣を見直すようにしましょう。

    アルコールとEDの関係

    アルコールを飲みすぎると勃起し辛くなるということは聞いたことはある人は多いかとは思いますが、お酒を飲んで酔っ払った状態で勃起し辛いということはEDで勃起し辛いということではありません。

    酔っ払ってしまうと脳の中枢神経が麻痺することで、伝達が悪くなり勃起し辛くなると言われています。しかし、アルコールとEDは全く関係ないかと言ったらそうでもありません。

    アルコールの飲みすぎはEDになりやすいか?結論から言うと、正直、EDとアルコールは直接、関係はありません。ただ、強いていうのならばアルコールの飲みすぎは、肝臓にダメージを与えます。

    肝臓はテストステロンと関わりが深いので、肝臓機能が低下をするとテストステロンも減少し、EDを発症させてしまう可能性が極めて高くなりますので、お酒はほどほどにしておきましょう。長期間の多量摂取はEDを発症してしまう可能性は高いので気をつけましょう。

    EDとカフェインの関係

    EDとカフェインの関係

    カフェインの過剰摂取はEDに影響するということを耳にしたことはある人もおられるかと思います。カフェインの成分、そのもの事態に直接、EDに関係性があるのかと言われれば、それは関係はありません。しかし、そしたら何故、カフェインはEDを引き起こす原因になるのでしょうか。

    前提としてEDを発症してしまう原因の1つとして、男性ホルモンの減少が理由としてあげられます。まず1つ目の理由としてカフェインの効果でもある覚醒作用が、睡眠障害を引き起こすことに原因があります。

    男性ホルモンは睡眠中に一番多く分泌されます。身体的な成長もそうですが、良質な睡眠により、質の良い精子が作られる結果、力強い精力が生みだされます。

    EDを発症した人の多くに睡眠時間が5時間未満の人が多いということもデータが出ています。カフェインがEDに対して直接的な原因にはなってはいないものの、カフェインの作用により、間接的にEDと関わっているということになります。

    EDとカフェインはそこまで密接に関係はしていないので、重要視することはありませんが、睡眠の妨げになる過剰な摂取は控えるようにしましょう。良質な睡眠を取ることが、EDの改善、EDの予防にもなります。

    要点のまとめ
  • EDの発症は前触れ・兆候がある
  • ED予備軍の前にED対策をする事が大切
  • ED治療薬を投与、または生活習慣を改めることでEDの予防ができる
  • カフェインはEDは直接的な関係はない
  • バイアグラを服用する場合はカフェインの摂取はなるべく抑えた方が良い
  • EDの症状を改善する方法

    edを改善する方法としては多々あります。中でも最も効果的な改善方法というのを紹介していきます。また、ED治療薬を服用しながら食生活、運動不足を解消することでed改善への近道となるでしょう。

    ED治療薬

    バイアグラやシアリス、レビトラといったED治療薬が有名です。これらの治療薬は服用することで勃起の補助をしてくれます。あくまで補助ということなので根本的な部分からedを治すというわけではありません。ですが、ED治療薬を服用していて自分に自信がつくことにより、edの原因として大部分の精神的な面が改善される期待はできます。

    症状に合わせたED治療薬の選び方

    EDだと自覚したとしても、どのED治療薬を服用すればいいのか?迷う所だと思いますが、ED治療薬を選ぶ際に注意する箇所は自分のEDの症状に合わせてED治療薬を選ぶ事です。

    ED治療薬
    バイアグラ

    中折れ、半立ち(半勃ち)でお悩みの方はバイアグラがいいでしょう。バイアグラは3大ED治療薬の中でも勃起の硬さには一番定評があります。最近、下半身に元気がないと感じた方も、EDの予防としてバイアグラを服用することをおすすめします。

    レビトラ

    こちらも中程度のEDの症状の方におすすめの薬です。しかし、勃起力に関しましては、バイアグラには劣りますが、効果の発現が早く、食事の影響、アルコールの影響を受け辛いということから、飲みやすさという面ではレビトラがいいでしょう。

    シアリス

    シアリスは一般的には年配の方に勧められるED治療薬です。長く優しく効くので、軽度のEDの症状の方、そして50代以上の方はまずは第一選択薬としてはシアリスを選んだ方がいいでしょう。こちらはレビトラ以上に食事、アルコールの影響は受け辛いので、飲むタイミングなどに関して、ほとんど気にしないでいいです。

    またシアリスの場合は、1錠飲めば36時間は効果が続くので、時間を分けて飲むのが面倒だという人にもいいでしょう。旅行などの時などにも1錠あるだけで、薬の効果の時間帯の事など気にしなくていいというのもシアリスの特権です。

    ED治療薬のジェネリック

    ED治療薬のジェネリック

    少しでもED治療の費用を抑えたい方は、ED治療薬のジェネリックを購入することをおすすめします。ジェネリックは同じ有効成分を使用し、製造された薬です。バイアグラ、レビトラ、シアリスと品揃えも豊富です。ただ、ED治療薬のジェネリックは病院では処方してもらえない所が多いので、通販を利用して購入するようにしましょう。 診察代、検査費用など掛からないので、かなり費用を抑えたED治療をすることができます。

    ED治療薬を選ぶ場合はEDの症状、そして年齢、体調の面なども考慮して選ぶ事をおすすめします。病院に通院するのでしたら、主治医に相談して、決めるのもいいでしょう。通販でED治療薬を購入しようとしている人は、通販サイトの中に、実際に使用した人の口コミ、体験談などが掲載されているので、そちらを参考にするのもいいでしょう。

    薬の効きに関しては、個人差が生じるのである程度、効果の誤差は出る場合もあります。自分に合ったED治療薬を見つけるのが、一番のED治療への近道となります。

    ジェネリックの種類

    ジェネリックの中でも特にバイアグラジェネリックは最も種類が豊富で人気の高い薬が多いです。おすすめのバイアグラジェネリックを幾つかご紹介いたします。

    カマグラ

    バイアグラジェネリックの中でも代表的なED治療薬です。 未だロングセラーを続けているバイアグラジェネリックです。

    シラグラ

    こちらもバイアグラジェネリックの中でも人気の高い薬です。シラグラ愛好家の中では、バイアグラより勃起力が高いと噂されています。

    アグラゴールド
    コスパの良さで選ぶのならアグラゴールドです。先発薬のバイアグラが1錠辺りの値段、1200円に対して、アグラゴールドは何と270円!経済的にED治療をしたい人はアグラゴールドをおすすめします。

    バイアグラジェネリックは種類が多く、決めかねている人はこちらを参照下さい。

    その他、レビトラのジェネリックシアリスのジェネリックもあります。薬には有効成分の違いなどにより相性というものがあります。そして効果の出方なども個人差が生じたりします。まずは、自分に合った、そして自分のEDの症状に合った治療薬を見つけることがED治療への近道です。

    要点のまとめ
  • EDの症状に合わせED治療薬は選びましょう。
  • ・バイアグラは中折れの症状に最適なED治療薬です。
  • ・病院での治療は保険適応外なので費用は高くなります。
  • ・ED治療の費用を抑えたいならジェネリックがおすすめです。
  • 食事療法・食生活を見直す

    食生活を改善することでed改善の効果は大いに期待でき、予防もすることができます。勃起に関わる神経や、組織、血管系に異常が起きてしまってedになるというのは上記でも説明しました。それを解消するために食生活を考え直す必要があります。とくに血液をドロドロにしやすい食事を摂っている方は要注意です。野菜を全く摂らなかったりチーズやバター、アイスクリーム、肉の脂身など動物性脂肪を多く摂っている方は危険です。

    精力をつけるためと言ってステーキや鰻などを多く食べていても血液がドロドロになれば精力をつけたところで意味がありません。だからといって一切摂らないというのもよくありません。結局はどれかに偏らずにバランスの良い食事を摂るというのが重要なのです。たんぱく質を肉だけではなく魚からとったり考えながらでないとedになってしまうリスクが高くなります。

    食生活

    そのような事を防ぐためには亜鉛を重視して取るようにしましょう。聞いたことある方もいると思いますが、亜鉛は性ホルモンを正常化してくれる働きがあります。亜鉛を摂ることで性ホルモンが原因で性欲が弱まってしまっている場合に心強い味方として体に機能してくれます。亜鉛は牡蠣、牛肉、うなぎ、チーズ、レバー、大豆、ゴマ、緑茶、抹茶など、色々な食材に含まれている成分です。1日に必要な量は15mgと言われており、必要量を取り続ける事によってed改善へ期待ができます。

    ですが、亜鉛が重要だからといってそれだけを取りすぎないように注意しましょう。食事の全体的なバランスを考えながら亜鉛を摂るようにすればedの悩みも解消できるでしょう。

    運動不足を解消

    運動不足を解消

    海綿体に血流が流れ込む事によって正常に勃起することができます。その海綿体まで流れ込んだ血液が溜まっていることで勃起状態が維持できるのです。その溜める働きをしているのが骨盤底筋群という筋肉です。この骨盤底筋群という筋肉が弱まっているとせっかく海綿体に流れ込んだ血液が逆流してしまい、中折れを起こしてしまうのです。この筋肉をどう鍛えればいいのかというとスクワットです。

    スクワットは骨盤底筋群を中心的に鍛える事ができるのでed改善にはとても効果的です。ですが、この筋肉は緩みやすい特徴があるため、途中で中断してしまうとまた元通りになってしまいます。中でもデスクワークの方は緩みやすいと言われているので注意しなければなりません。

    スクワット以外にもランニングはとても効果があると実証されています。ある実験で1週間に2.5時間以上ランニングをするグループ、まったく運動習慣がないグループを比較した時、ランニングをしているグループのほうが30%以上もedへのリスクが低下したと結果が出ています。また、テストステロンという男性ホルモンを多く分泌させる事ができればedは改善しやすいと言われています。そのためには有酸素運動が効果的です。

    規則正しい生活で生活習慣病を改善

    生活習慣の改善

    規則正しい生活を続ける事もEDへのリスクを低下させます。生活習慣病とは、慢性的な喫煙、アルコールの多量摂取、偏った食生活、運動不足、肥満などが原因です。生活習慣病に陥っている人達はEDになりやすいという調査結果もあります。またEDの合併症に糖尿病もあります。その逆に糖尿病患者はEDを患ってしまうパターンも多いようです。

    そして、生活習慣病はそういったEDなどの病の他に心臓病、脳卒中のような死に繋がる重病まで引き起こしてしまう可能性があります。世間的にはEDを軽視しがちです。自分には関係ないと思っている方もいるとは思いますが、EDは健康への指標としても捉えてもいいのではないでしょうか?しかし、お酒、タバコが好きな人に禁酒、喫煙は一筋縄ではいきません。

    身体に悪いと思っていてもそうは簡単にやめられるわけではありません。日常生活にいたっても、毎日、運動をすることが逆にストレスを感じてしまう方もいるかとは思います。生活習慣病に関しては少しずつ、改善していくしか他にありません。定期的な運動と言っても仕事をしている人にとってはそう簡単に時間を作れるものはありませんが、ちょっとした工夫をすることで運動をすることができます。

    例えば毎日の仕事の出勤時に職場の1駅前で降りて歩いて出社する、または普段はエレベーター、エスカレーターを使用するところを階段を利用するなど工夫次第で運動をする事ができます。万歩計を付けて会社に出勤するのも歩数など分かるので目標ができて楽しめるかも知れません。

    このような心がけをするだけで、生活習慣病は改善されていきますので、心に留めておきましょう。男性にとってEDは辛いものです。言い過ぎではありません。十字架を背負うのと同じです。やはり男性でしたら年を重ねても「いつまでも現役でいたい」と思うのが当然でしょう。その為にも日々、バイアグラのようなED治療薬を投与し、EDのリスクを減らしていきましょう。

    そして、毎日ではなくてもいいので、定期的な運動、暴飲暴食を抑えるように心がけましょう。それはあなたの健康のためでもあります。EDになり、満足ゆく性交ができなくなり悲しむのはあなただけではなく、あたなのパートナーもあたな以上に悲しんでいるかも知れません。常にバイアグラを常備しておくことをおすすめします。バイアグラなどのED治療薬は通販で手軽に購入することができます。バイアグラジェネリックでしたら、値段も安く購入することができるので、通販を利用して事前にバイアグラを用意しておくことも、あなたの心強い味方になってくれると思います。

    要点のまとめ
  • 食生活を見直すだけでEDの改善になります。
  • 亜鉛を含む食材がEDには効果的です。
    牡蠣、うなぎ、チーズ、レバー、大豆食品など
  • 運動はED改善には最適です。
  • 規則正しい生活はED治療への近道です。
  • ・生活を正すことでストレスが溜まる場合、EDを悪化させてしまう恐れがあるので注意しましょう。
  • バイアグラ